すっぽんってどんな生き物

すっぽんってどんな生き物なのでしょうか?

すっぽんとはどんな生物なのかを説明します。

 

すっぽんとはその見た目通り、スッポン科に属するいわゆる『カメ』ですが、普通のカメとの一番の違いも多くその一つが甲羅です。

 

 

カメの甲羅がとても固く頑丈な作りとなっているのに対し、すっぽんの甲羅は角質化しておらず柔らかいです。同様にひっくり返した裏側である腹甲も柔らかいです。

 

また、固い甲羅という防御が出来ないためなのか、すっぽんは自己防衛のために噛みつくという攻撃を覚えています。ただ噛むのではなく、とてつもなく強く噛みつきます。口に歯はないのですが、とにかく強力なあごの力で一度食らいついたら簡単には離しません。「雷が鳴っても離さない」と例えられるほどです。

 

しかし、そんな強暴そうなイメージがあるすっぽんですが、その性格は臆病だと言われています。
あくまで噛みつくのは弱い身体で自分を守っていくための術なのでしょう。

 

そうはいっても近所の池や沼でそれっぽい影を見つけたら、そっとしておくのがいいでしょう。
いかにすっぽんが臆病でこちらに敵意がなかったとしても、びっくりさせて噛みつかれてしまったら大変です。

 

そうでなくても実はすっぽんは雑食なので、おなかを空かせて指先をぱくつかれてしまうかもしれません。
どんなに臆病でも油断して近づくのは厳禁な生物ですが、動く栄養素とも呼ばれているのがすっぽんです。