すっぽん成分のリノール酸による美白効果!

すっぽん成分のリノール酸による美白効果を実感しよう♪

美白効果やシミやくすみの改善及び予防に役立つすっぽんの成分とは?

 

リノール酸を知っていますか?
リノール酸は必須脂肪酸の1つで私たちの体になくてはならないものです。

 

また、リノール酸は美白効果としても知られており、お肌にとっても欠かせない大事なものなのです。体内では作ることができないので、食物から摂取する必要があります。鶏肉やポテト、ピザにパスタ料理、さらにはマヨネーズやナッツなどにも含まれています。

 

リノール酸のはメラニンの生成を助けるチロシナーゼという酵素の働きを抑え、さらには分解するという驚異のお仕事をしてくれます。メラニンはシミになる元であるため、メラニンの生成を妨げることは、まさにシミを防ぐことに繋がるのです。

 

 

他に、シミを防ぐのに効果的な成分とはなにがあるのでしょうか。リノール酸のようにメラニン生成を抑える作用とすでにあるメラニンを還元していく作用に分けて見ていきましょう。

 

メラニン生成を抑える作用としては、マグノリグナンやプラセンタエキス、カモミラETさらにはエラグ酸やビタミンC誘導体、コウジ酸、トラネキサム酸があげられます。

 

マグノリグナンはモクレン科のホオノキという植物に含まれている成分でアレルギー反応も見られず、安心して使用できる成分だと言われています

 

プラセンタエキスは牛や豚などの胎盤を元にして抽出しているものです。

 

プラセンタエキスには抗酸化作用も含まれており、アレルギーがある人や敏感肌の人にも優しい成分となっています。

 

カモミラETはカモミールから抽出される成分で、特に浴びた紫外線からお肌を守る、唯一の有効成分と言われています。エラグ酸はイチゴから抽出できるとされており、ポリフェノールの一種です。

 

抗酸化作用やガンの発生率を減らす作用としても効果が得られるとされています。

 

ビタミンC誘導体はビタミンCの弱点をカバーする成分として知られています。
メラニン生成を抑えるだけでなく、コラーゲンの生成のお手伝いも行っています。

 

コウジ酸は麹菌を育てて、作られる成分です。同じ働きをもつ成分にはハイドロキンがあり、ハイドロキンは最も強い美白成分があると言われています。

 

トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸の一種です。美白効果のみならず、肌荒れや肝斑を改善してくれる働きもあるのです。

 

また、メラニンを還元していく作用としては、ビタミンC誘導体が代表的なものとしてあげられています。メラニン生成を抑える作用もあり、とても優れた成分なのですが、肌には刺激が強いこともあるので、保湿成分などを用いた化粧品と一緒に使用するのが良いでしょう。

 

リノール酸や他の成分も含め、美白効果が高いといっても、毎日摂取するのはなかなか困難ですよね。そんなときはぜひ、すっぽんサプリで張りのある綺麗なお肌を保ちましょう。