すっぽんに含まれる必須脂肪酸

必須脂肪酸をすべて持つすっぽん!

すっぽんに含まれている必須脂肪酸をご存知ですか?

 

すっぽんが体に良いということは知っていも、なかなか含まれている必須脂肪酸を説明できる人は少ないかもしれませんね。そこで、今回は必須脂肪酸の説明を含めてすっぽんに含まれている必須脂肪酸をご紹介したいと思います。

 

必須脂肪酸とは、私たち人間や動物が生きていく上で欠かせないものであり、体内で作ることができないため、食事から摂取しなければならない栄養素なのです。

 

 

必須脂肪酸は細胞膜やホルモンなどを作ったり、身体機能をコントロールするなどの働きがあります。

 

必須脂肪酸はnー6系脂肪酸とnー3系脂肪酸に分けられています。nー6系脂肪酸にはリノール酸やアラキドン酸、nー3系脂肪酸にはαリノレン酸やDHA、EPAが分類されます。

 

すっぽんにはこれらの必須脂肪酸が全て含まれているのです。

 

では、これらの必須脂肪酸にはどのような効果があるのでしょうか。

 

リノール酸には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、健康を維持する効果や動脈硬化をおさえる効果が期待されます。また、リノール酸は体内でアラキドン酸に変換することができるとも言われています。

 

リノール酸が不足すると、成長に遅れがでたり、生殖不能や抜け毛、傷の治りが遅くなるなどの代謝にも問題が出てきます。
一方、リノール酸を過剰に摂取してしまうと、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らしてしまうといったことや動脈硬化に繋がったり、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを高めてしまうとも言われているのです。

 

 

アラキドン酸には免疫を高める働きや血圧を正常に維持する働き、脳を活性化させる働きに動脈硬化を防ぐ効果などが期待されます。

 

アラキドン酸が不足することによって高血圧や免疫の低下がおこるとも言われていますが、最近ではアラキドン酸が不足するということはなかなかないようです。逆に過剰に摂取してしまうことは多く、その場合にはリノール酸と同じように善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やしてしまったり、動脈硬化に繋がってしまうと言われています。

 

αリノレン酸にはアレルギーをおさえる働きや血流の改善、老化を予防したり、うつ病を予防する働きが期待されます。また、αリノレン酸は体内でDHAやEPAに変換することができると言われています。

 

このことからαリノレン酸が不足するとDHAやEPAに変換することができないため、脳や神経への異常が現れることがあると言われているのです。過剰に摂取してしまうとガンのリスクが高まると言われているαリノレン酸ですが、よっぽどのことがない限り過剰な摂取をすることは出来ないでしょう。

 

DHAには血液の中性脂肪を減少させ、心臓病や脳卒中を予防する働きが期待されます。

 

また、悪玉コレステロールを減少させたり、動脈硬化を防ぐ効果があるとも言われています。

 

DHAは日本人には不足しがちであり、不足すると視力の低下にも繋がるので意識して摂取していく必要があるのです。一方、過剰に摂取してしまうと血圧の低下に繋がります。

 

EPAにはアレルギーをおさえる働きやコレステロールをおさえる働き、動脈硬化を防ぐ働きなどが期待されます。

 

これら5つの必須脂肪酸がすっぽんには全て含まれているのです。すっぽんを食べるだけであらゆる効果が得られ、健康を維持していくことに繋がるのです。

 

ですが、毎日高級なすっぽんを食べる事は出来ませんよね…
なので、すっぽんサプリで上手に補っていきましょう。